★コラム★

2018年 春号 

「いつから始めても遅くはない」


は今カナダの州都トロントにいます。

娘が1年間語学留学に来ており、とあるお家の一部屋を借りておりそこの大家さんのご厚意で1ヶ月居候させてもらっています。娘が留学を決めたと同時に私も英会話の勉強を始めました。

だって、彼女が滞在している間に遊びに行きたいし、もし英語しか話せない彼氏を連れて帰って来たりしたら会話しなくちゃいけないし()

多分学生時代の私を知っている人は全員びっくりするだろうなぁ私が英会話なんて。


ランゲージエクスチェンジのサイトに登録して大阪の大学で英会話を教えているというイギリス人と

月に12回スターバックスでとにかく会話をしました。私は日本の歴史を話して向こうは英語を教えるというウィンウィンの関係です。まぁフリートークで英語や日本語がごっちゃの不思議な会話を続けること数ヶ月。英語力が伸びたかどうかは分からないけれど、英語を話すのは怖くない!相手も人間じゃん!ということは学習出来ました。

私のトロント滞在予定は約1ヶ月。

娘は学校やダンススクールなどそれなりに忙しくしてます。

それに一緒にいても「勉強!」と言って助けてくれやしません(^^;;

スパルタ教育の甲斐もあって、滞在18日目現在一人でsubwayでサンドイッチも注文できるようになりましたし道に迷ったら聞くことも出来るようになりましたよ。

トロントは2月の平均気温が最低マイナス8度、最高0度くらいです。お天気がよくてマイナス3度くらいだと暖かい!と感じます。お家の中はセントラルヒーティングで1日中暖かく、朝お布団から出られなーいなんてこともありません。京都の家の方が底冷えしてよっぽどツライです。

移民が多いお国柄だけあって普通に歩いているとカナダ人なのかそうじゃないのかは、見かけでは全く分かりません。普通に何度も道を聞かれます(日本にいる時もよく聞かれていたなぁヒマそうに見えるのかしら??)それに、色んな訛りの英語に慣れているのか、大家さんはもちろんのこと、カフェやショップの店員さんも私のスーパージャパニーズイングリッシュにも辛抱強く分かろうとしてくれます。
そうそう、世界各国のレストランがあるのも多民族国家の良さでしょうか。
居心地が良くて、もっともっと長くいたいなぁと思ってます。ただね、トイレ事情とサービスはやっぱり日本が最高です。それに空気を読むのも日本人ならではの良さですね。 


ともあれ、人生も半分過ぎてから始めた英会話。なかなか楽しいです。

学生時代のような黄金の記憶力は影も形もありませんが、試験のためじゃないお勉強(まぁ趣味とも言うかも)は私を生き生きとさせてくれてます。何歳になっても、何でもやりたいと思った時に始めることをオススメします。


最後に、トロントからバスで2時間。

ナイアガラの滝に行って来ましたので写真をシェアします。冬期は水量も少ないらしいのですが遠くからも水飛沫が見えて大迫力でした。

お天気が良かったので雪も水飛沫もキラキラ光ってとてもキレイでしたよ。


次回は2018年4月末に更新予定です。