★キャンパス情報★ 


新しい施設(調理実習室)が完成しました

副学長 竹中康之



  201741日に都市生活学科と食物栄養学科を開設しました。これらは現行の生活学科(都市生活専攻、食物栄養専攻)を母体として発展させる形で設置しました。これにより、本学は2学部・8学科構成(文学部:英語学科、日本語日本文化学科、総合文芸学科、人間科学部:心理学科、都市生活学科、食物栄養学科、子ども発達学科、ファンション・ハウジングデザイン学科)になりました。

 都市生活学科は「都市生活専修」と「食ビジネス専修」から構成されます。食ビジネス専修では、食をテーマに、ビジネスへ発展できる人材を育成します。ここでは、神戸マイスター(注)の3名の先生((株)イスズベーカリー社長の井筒英治先生、ホテルラ・スイート神戸 ハーバーランド総支配人の檜山和司先生、(株)レーヴドゥシェフ社長の佐野靖夫先生)をはじめ、プロフェッショナルに学ぶ機会を豊富に設けています。

 このたび、学科の専用施設として、井筒英治先生の監修のもと、5号館を増設して調理実習室を新設しました。326日に実施されたオープンキャンパスでは、この新設した調理室で、佐野先生によるクレープ&マジパン作りを体験する催しを実施しました。想定を超える多数の高校生が参加し、大盛況でした。大学へお帰りの際は、是非、この最新の施設をご覧ください。


 
調理室 試食室 

(注) 神戸マイスター:優れたものづくりの技術・技能の継承を図ることを目的として、神戸市内だけでなく全国的にも通用するハイレベルの技術・技能を持つ方を「神戸マイスター」として、神戸市が認定する制度。
 2017年4月